自己破産相談室

HOME | MAP | MAIL

自己破産しても大丈夫!!

特定調停

自己破産を真剣に考えている方、自己破産をしてしまう前に一度特定調停を考えてみませんか。
もしかしたら、自己破産を行わず特定調停で大丈夫な場合もあります。
まずは、特定調停の事を知る事から始めましょう。

特定調停とはなんなのか

特定調停 まず、特定調停についてお話をしなければいけません。特定調停の意味が分からないのに、特定調停をやろうと考える人はいないですからね。
特定調停と言う制度は簡易裁判所を使って今ある借金の膨らみを縮小させる為の物です。
現段階で借金への支払いは一応出来てはいるのですが、これからを考えるとどう頑張っても支払いが出来なくなる恐れがある。
そんな人の経済再生をする為の制度が特定調停なのです。

どのような人が特定調停を受けるのか

特定調停は誰もが受けられる物ではありますが、受けても意味が無い人も中にはいます。
もちろん借金をしていない人は受ける意味がありませんが、その他にも意味が無い人もいます。
では、どのような人が特定調停を受けると一番効率がいいのか。

自己破産はしたくないでも借金がヤバイ
まず考えられるのが、借金をしているけど、自己破産は絶対にやりたくないと言うような人です。
借金の支払いが出来なくなる前に特定調停を行うようにしましょう。
毎日の取り立てがヤバイ
借金をしている期間が長ければそれだけ取り立ての圧力も強くなってきます。取り立ての性で精神的に参ってしまいそうな人は特定調停で一旦取り立てを停止させて落ち着く事が出来ます。
債務整理に掛けるお金がヤバイ
債務整理をする為にもお金が必要です。しかし、生活費を考えるとお金が出せないと言う場合なら特定調停で費用を抑える事ができます。弁護士や司法書士を利用しなければ数千円で事足ります。

特定調停のメリットとデメリット

メリット

精神的にキツイ取り立てをすぐに停止
取り立てが来ると精神的に追いつめられ必要のない借金を別からやってしまい、返済に充ててしまう事があります。取り立てが停止になる分冷静に対処する事ができます。
特定調停を理解して、追い立てに負けないようにしましょう。こっそり夜中に引越しを考えたりするのもやめましょうね。
もしかしたら借金がチャラに
もし、借金をしている相手業者の利息が法定金利を超えいたり、利息制限法に定められている金利以上支払いをしていた場合オーバーしている分を借金に充てる事が出来るので借金がこれで無くなる事があります。
自分で特定調停を行う相手を選べる
借金をしている業者によってはキツイ所や大丈夫な所があります。キツイ所だけを特定調停を行いまだ大丈夫な所は普通に返済する事が出来ます。

デメリット

平日にしか出来ない
特定調停は裁判所で行いますので、裁判所が開いている平日にしか受ける事が出来ないのです。
ブラックリストに載る
別に特定調停だけの話ではないのですが、ブラックリストに載ります。ただもう借金をしないと言う決意があれば問題でもないかと思います。
返済出来なくなると強制執行される
裁判所でしっかりと決めた事ですので、それでも返済が滞ってしまうようなら給料の差し押さえ等を受けてしまいます。

注目サイト

インポートランジェリーを買う

2018/12/14 更新

 

当サイトに関する注意事項:1.当サイトは予告せずに掲載されている情報の変更や、サイトの運営を中断・中止する場合がありますことを予めご了承下さい。2.当サイト上で、アクセスされた方の環境において当サイトのコンテンツが適切であるかなどの記述や表示は一切いたしませんので、ご観覧された個人の自由意思によるものとし、当サイトご利用に関しての責任はご観覧者さまにあるものといたします。3.当サイトに掲載されている著作物(文章・写真・イラスト・ロゴ・ソフトウェア等)の著作権は、著作権法その他の法律で保護されています。したがって法律によって定められた範囲内で使用を除いては、無断でこれらの情報を複製・翻案・翻訳・改変・上映・頒布・販売・転載等することは出来ません。