自己破産相談室

HOME | MAP | MAIL

自己破産しても大丈夫!!

個人再生

  • 個人再生は最近だんだんと広く知れてくるようになりましたが、まだまだ知られていない救済処置だと思います。
    2001年に始まったこの制度は借金がすべてなくなる訳ではないですが、大幅に減らす事が出来ます。

どのような制度なのか

個人再生は裁判所が認めた返済計画を実行する事が出来れば残りの借金をなくすと言うような方法で救済を行います。
自己破産をするのも一つの手かもしれませんが、その前に一度考えて欲しいのが個人再生です。

どうやって借金の額が減るのか

  • 借金を減らす 借金の額が減ると言ってもなにもしないで減ると言うことではありません。 実際には多少の返済は必要です。
    最近話題のFXなどに挑戦しようとしている方もしっかりしたFX比較をせずに臨むと借金に苦しむことになってしまうかもしれません。 まず借金の全額から3年間で支払える額を給料などから計算をします。その場合に支払えるだろうと言う額が100万円以下になってしまうようなら100万円となります。100万円が下限とされています。
    金額が決まったら後はその額を3年間きちんと返していきます。3年間で返済する事が出来れば、残った借金は無くなるのです。
自分の家を保持したまま返済が出来る
マイホームを持っている人ならマイホームは手放したくないですよね。
個人再生を行えばマイホームで生活をしながら3年間の返済を行う事が出来るのです。
これは、住宅ローン特別条項を利用する必要があるのですが、住宅ローンがまだ残っている状態でこれからの支払いがムリだとなった時に使う事が出来ます。
ただし、住宅ローンが無くなるわけではなく、支払いが後回しになるだけですので、間違わないように気を付けて下さい。
どのくらい借金の金額が減らせるのか
実際に気になる所がどのくらの金額まで借金が減るのかと言う事だと思います。
減額される借金の計算は借金の額の五分の一まで金額が下がります。1000万円の借金があるなら200万円まで借金が減ると言う事です。
ただ、この段階では完全に減ったわけではなく一時的に五分の一の金額になっていて、3年間でちゃんと返済する事が出来れば残りの800万円がなくなるのです。また、借金を五分の一にした時に残りが100万円以下になってしまう場合には100万円の返済になります。つまり最低でも100万円は3年間で返済をしなければいけなと言う事なのです。

Favorite

珊瑚(赤珊瑚)買取査定業者比較ランキング!ネックレス売却におすすめなお店TOP5!

最終更新日:2018/11/7

 

当サイトに関する注意事項:1.当サイトは予告せずに掲載されている情報の変更や、サイトの運営を中断・中止する場合がありますことを予めご了承下さい。2.当サイト上で、アクセスされた方の環境において当サイトのコンテンツが適切であるかなどの記述や表示は一切いたしませんので、ご観覧された個人の自由意思によるものとし、当サイトご利用に関しての責任はご観覧者さまにあるものといたします。3.当サイトに掲載されている著作物(文章・写真・イラスト・ロゴ・ソフトウェア等)の著作権は、著作権法その他の法律で保護されています。したがって法律によって定められた範囲内で使用を除いては、無断でこれらの情報を複製・翻案・翻訳・改変・上映・頒布・販売・転載等することは出来ません。