自己破産相談室

HOME | MAP | MAIL

自己破産しても大丈夫!!

過払い金について

最近は、若い方からご年配の方まで手軽に消費者金融などの金融機関からお金を借り入れすることが出来ます。借り入れする際の審査においても50万円まで審査なし!という広告や主婦やバイトの方でも借り入れ可能!などの広告を頻繁に見かけます。このように、借り入れしやすい状況が多重債務に陥ってしまう一番の原因になっているのではないでしょうか。最初は数万円程度の債務が、複数の消費者金融から借りることによって何百万円という債務にふくれあがってしまうことも少なくありません。そうなると当然長い期間借金に追われながら生活を送らなければなりません。そんなときに役立つのがこの過払い金返還請求という国が定めてくれた法律です。過払い金のチェックもしてみましょう。ここではそんな過払い請求について詳しくご紹介していきたいとおもいます。

 

過払い金返還請求とは?

過払い金 過払い金返還請求とは、借り入れをした金額に対して払いすぎた利息を返還してもらおうという立派な国の法律です。
そして、この利息制限法という決められた利息の上限を超えた場合、過払い金(払いすぎた利息金額)として債務者に返還されることになります。よく、借り入れた元金は100万円だったが利息ばかりを長年払い続け一向に元金はなくならない・・・と言った話を耳にしますがこれも過払い金として戻ってくるそうです。いわば、債務者にとっては借金からの救いの手となっていると言うことです。もちろん、過払い金は債務の総額や、返済期間、取引期間などによって大きく金額が変わってきますが、取引期間が5年以上の場合は戻ってくる確率が高いようです。そしてこの返還された過払い金を元金に充てることが可能になると言うわけです。わたしの知人がこの過払い金返還請求の手続きを行ったところ、取引金融機関が6社(そのうち3社は5年以上の取引)で債務金額が500万円あったのが、半分の250万円までに減ったと話していました。過払い金返還請求の手続きを行って良かったと言っていましたが逆に考えるとそれだけ高額な利息を支払っているのでしょう。くれぐれも借りすぎに注意して消費者金融を有効に利用したいものです。

 

過払いになっているかを確認!

  • 消費者金融からお金を借り入れしているすべての方が過払いしているとは限りません。まず、あなたの返済方法が過払いになっているのかを確認していきましょう。まず多くの過払い請求者が消費者金融などと長年に渡る取引を結んでいます。そしてその利息が利息制限法に反している場合や、借り入れた金額が大きくそれを5年以上にわたって返済しつづけている場合、借りたり返したりを5年以上にわたって返済している場合も過払いのケースになっていることが多いようです。俗に言うサラ金会社などから借り入れをしている場合は調べてみると良いでしょう。

 

過払い金返還請求のメリット&デメリット

  • 過払い金返還請求を行う上でのメリットはたくさんあると思います。この手続きを行う一番の目的はお金を返還して貰うことです。債務者によって借入額や取引先、取引期間等は全く異なってきますが今ある債務が少しでも減ると言うことが何より大きなメリットと言えるでしょう。また、例え返済がすべて終わっていたとしても10年以内であればそれ相当の過払い金を返還して貰うことが可能なのです。その場合は借金自体はもうありませんので収入という形で戻ってきます。金額が大きく支払い年数が長いほど過払い金額は大きくなりますのであなたが返済した10年以内の債務を思い出してみて下さい。そして、過払い金返還請求を行う上でのデメリットと言えば、消費者金融などの金融機関などから5年~7年の期間借り入れができなくなってしまうと言うことだけです。たったこれだけ?というような気分になりますよね。ですから、過払い金があると分かったら迷わず手続きをしましょう。

 

pickup

【公式】NoveLead(ノヴェリード)(@novelead_)さん | Twitter

2018/10/18 更新

 

当サイトに関する注意事項:1.当サイトは予告せずに掲載されている情報の変更や、サイトの運営を中断・中止する場合がありますことを予めご了承下さい。2.当サイト上で、アクセスされた方の環境において当サイトのコンテンツが適切であるかなどの記述や表示は一切いたしませんので、ご観覧された個人の自由意思によるものとし、当サイトご利用に関しての責任はご観覧者さまにあるものといたします。3.当サイトに掲載されている著作物(文章・写真・イラスト・ロゴ・ソフトウェア等)の著作権は、著作権法その他の法律で保護されています。したがって法律によって定められた範囲内で使用を除いては、無断でこれらの情報を複製・翻案・翻訳・改変・上映・頒布・販売・転載等することは出来ません。